秋葉界隈で働く人のアニメレビュー

秋葉界隈のサラリーマンの思ったこと

新アニメ レビュー:呪術廻戦#1

アニメの秋、いよいよ本格化してきましたね。

10/2(金)は週末ということもあり、”魔女の旅々” ”ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅢ” ”トニカクカワイイ” ”呪術廻戦”、新作の大渋滞でした。

その中で週刊少年ジャンプの放つ王道の怪異系異能力バトル”呪術廻戦”の第1回をレビューします。

(詳細のストーリーは割愛します)

 

 

 

f:id:yonyonsalaryman:20201003025723p:plain


 

www.jujutsukaisen.jp

 

 

改めてですが、MAPPAの製作なんですね。

最近だと”LISTENERS リスナーズ”ですよね、アニメのタッチも近いかもしれません。 

 

物語の冒頭、主人公の虎杖悠仁(声:榎木淳弥)が囚われているシーンから始まります。

そして五条悟(声:中村悠一)により

 

 

 

「君の秘匿死刑が決定した」

 

 

 

からのOP曲でした。

 

 

OP曲、カッコよかったです!

Eveの声は独特ですよね。捉えどころがないというか、軽く浮いているような感じで心地いいです。

YouTubeでは”歌ってみました系” ”ボカロP” ”映像作家” がコラボしてたくさんの作品が作られています。やはり歌としても、アニメとの親和性が高いと思います。米津玄師もそうですし。

アニソン歌手、(出演)声優、アーティストの流れの中で、これからはYouTube出身も1つのジャンルや流行になるかもしれません。 

 

OP曲のあとはしばらくオカルト研究会や虎杖の身体能力についての件が続きます。

虎杖の噂として「サスケ全クリ」「ミルコクロコップの生まれ変わり」「西中の虎」、呪術関係なく普通の高校生ではないですね(笑)、身体能力異次元です。

先輩の「ミルコ死んでねーだろ」がなければやりたい放題の場面でした。

 

その後の病院のシーンで主人公の方向性が決まります。

まず、祖父(声:千葉繁)から

 

 

 

「お前は強いから人を助けろ」

「手の届く範囲でいい、救える奴は救っとけ」

「迷ってもいい、感謝されなくても気にするな」

「とにかく1人でも多く助けてやれ」

「お前は大勢に囲まれて死ね、俺みたいになるなよ」

 

  

 

唐突に話し始めて、長い。話し終わると死ぬ… という何とも言いようのない流れ。

少年誌の第1回なのでしょうがないですね。この後のバトルで必要な伏線やエピソードを詰め込まないといけないわけで。

でもこのためだけに千葉繁さんを起用するあたり、主人公の根底にある信念のために大事なシーンです。(おそらくこの言葉は今後何度も使われるのでしょう。)

 

 

 

「あとは笑ってこんがり焼きます」

 

笑えません(笑)おじいちゃんだよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

その後は伏黒恵(声:内田雄馬)と共に学校へ向かい、いよいよバトルのシーンでした。

一番見たかったのは呪霊や式神のニュアンスやアクションですよね。漫画では表せない表現をセリフと音、動きが出せるアニメの真骨頂です。

 

いきなりのピンチに虎杖が4階の窓を蹴破って乱入します。

そして早速ですが、じいちゃんの言ってた「お前は強いから人を助けろ」が出ました。千葉繁さん乱発ですね(笑)

 

 

 

「こっちのは間違った死だ」

 

 

 

「せめて自分の知っている人くらい正しく死んでほしい」

 

 

 

しかしそんなときに伏黒から重要な情報が伝えられます。

 

 

 

呪いは呪いでしか祓えない」

 

 

 

返す言葉で、

 

 

 

「こっちはこっちで面倒くせー呪いがかかってんだ!」

 

 

 

伏黒には意味わかりませんけどね(笑)

はい、これもおじいちゃんのやつ(遺言?)に対してです。

やっぱ千葉さん使う価値がありましたね。

 

そこから主人公はいよいよ”両面宿儺の指”を受肉して、圧倒的な力で呪霊を退治してしまいます。やはり特級呪物だけあって強力でしたね。

受肉によって体が乗っ取られたと思われましたが、虎杖の意思もまだ働く模様。最後は抑え込んだように見えましたが、伏黒が落ち着いてこう言います。

 

 

 

「呪術規定に基づき、虎杖悠仁、お前を呪いとして祓う!」

 

 

 

以上で第1回は終わりました。

 

 

もちろん、盛りだくさんの内容です。初回は視聴者を引き込まなくてはなりませんし、いろいろ背景を説明もしなくてはなりませんよね。

 

ただ個人の感想としては、

ジャンプの人気作だけに原作支持者がどう言うか分かりませんが、もうちょっと脚色してエピソードを掘り込んでもよかったかな…展開が雑だったかな…色彩も地味だったかな…と思いました。遊び心とかオシャレ感がないというか。(初回にオシャレ感は必要ないかもだけどBONESとかが手掛ければまた違う表現になるのかな… 私の期待値が勝手に高かっただけですから。)

 

 

これからの展開が重要ですので、2回3回と能力や成長の過程が面白いポイントですからね。バトルものとして十分楽しめますね。

釘崎野薔薇(声:瀬戸麻沙美)も出てきます。

これから期待しましょう!

 

 

#呪術廻戦

プライバシーポリシー お問い合わせ